妊活・妊娠中の方には葉酸がたっぷり入った青汁がおすすめ

妊活・妊娠中の方には青汁がおすすめ

妊活をしている方や妊娠中の方は、葉酸の栄養素がとても必要になります。

赤ちゃんを授かるには、女性ホルモンの分泌が正常であることで排卵を促し、子宮環境が受精卵を成長させるのに適した環境が必要です。女性は生まれながらに卵子を持っているものですが、加齢とともにその量や質が低下します。卵巣から分泌される女性ホルモンも低下していくので、これが原因となり排卵が正常に行われなくなることがあるのです。また、うまく受精したとしても、子宮環境が悪化して子宮壁の弾力が失われていると受精卵が着床し続けることが困難になり、成長できないのです。この環境を整える効果があるのが葉酸なのです。葉酸は女性ホルモンを整える働きが強く、妊娠しやすい体つくりを促進させます。妊活中には積極的に摂るべき栄養素なのです。

また、妊娠中にも葉酸がとても必要になります。赤ちゃんを授かったばかりの初期の胎児が脳や神経系の形成されるときにこれが不足すると、神経管欠損症などの赤ちゃんの奇形や先天性障害の危険性が起こる恐れがあるのです。また、母体の鉄分不足から貧血が多く起こりますが、これを防ぐ効果もあるのです。そして、葉酸には体に必要な多くの栄養素があるので、母体のみならず爆発的な細胞分裂で成長していく胎児への栄養補給としてもとても大切なものなのです。

この栄養素は野菜に多く含まれています。キャベツやホウレンソウやモロヘイヤ、ブロッコリー、カボチャなど多くの野菜を意識して食べることが必要ですが、つわりの時や忙しい日々の中でこの栄養素を確実に摂るのが難しい場合があります。そんな時にとても有効なのが青汁です。青汁にはケールが主成分になっているものが多いですが、このケールに多くの葉酸が含まれているのです。これはキャベツの3倍とも言われる量です。

ケールはあまり流通していることが少ないので、日々の生活のなかでケールを食べる機会が乏しいために青汁で摂ることで確実に体に取り入れることが出来るのです。飲むことで水分補給にもなり、普段の食生活で摂るべき栄養がたっぷりと摂ることができます。手軽に確実に必要な栄養素が摂取できることで、赤ちゃんを望んでいる方や赤ちゃんが授かった後も安心して過ごすことができます。妊娠中は血流が悪くなってこむら返しが起こりがちですが、青汁は水分補給にもなるのでその面でも良い効果があるのです。青汁を飲むことを習慣にすることで、健康的な女性としての生活を送れるのです。 妊活・妊娠中に青汁を選ぶポイントが載っているので青汁の葉酸量を比較しているサイトを参考にしてみてくださいね。